借金 貧乏 過去

貧困女子だった私。今も昔もそうですが…

投稿日:

正確に言うと今もまさに貧困状態です。
未だに借金を抱えています。
おまけに❝超❞がつくほどの貧乏。
人生で1番きつかった頃の話です。
失恋とか喪失感と言えばいいのか…あの日の出来事は私の心に今も大きな傷跡を残しています。私は幸せを求めてはいけないんだ。と思っていました。

生まれた時から親族は母しかいませんでした。
母とどこかに旅行に行ったことはありません。
一緒に楽しい時間を過ごした記憶もありません。
もしかしたら…あったのかもしれませんが覚えていません。
生まれてきたことさえ、本当に望んでくれていたのかさえわかりません。
誰にも望まれずに生まれてきたとしたら…私はこの世界に必要ですか?
正直に言います。心がどん底にいた時。私は誰にも必要とされていないと思っていました。

あるのは借金の督促のメールや電話連絡。
でも、ないものはありません。
私も馬鹿だったかもしれません。鳴る電話に正直に答えていました。
電話の向こう側で笑われていたかもしれません。
20代に突入して早くも人生イージーの逆側。
もう最悪です。友達はいないし、恋愛ももうしたくないと思った。
未来に希望も持てなかった。でも真面目に生きてきたつもり。
夜の仕事はしたくなかった…
私の母が夜の仕事をしていたから。

心のどこかで母に対して抵抗していたかもしれません。街を歩けばそういうキャッチにも散々声をかけられる事もありました。
お金がないにも関わらず、
お金の稼げる仕事を選ばなかった。
寂しかったあの頃へのささやかな抵抗。
私は本当に馬鹿だ。
過去を責めてばっかりの人生だった。
時間があると少しでも心を奮い立たそうとして、
動画を見て勇気をもらいました。

こんな私でもできることを探そうと思った。
ただこうやって生きていても辛いだけだったから…。
何か生きがいとかやりがいとか。
そういう生きてる意味を探し始めました。
借金だらけで、友人関係もゼロ。恋人はもういらない。


得る喜びを知ってしまいましたが、
失う怖さを知ってしまったから。
とりあえず借金をなくそう。
ゼロどころかマイナスからの再出発。
私の人生は…絶望からスタートしました。

-借金, 貧乏, 過去
-, , , , , , , ,

Copyright© あきのどん底奮闘ブログ , 2021 All Rights Reserved.