過去

小さな会社(工場)で働く日々

更新日:

初めて一人で生きて行く厳しさを知りました。

今までも一人だったかもしれませんが、
守ってくれる?相談する相手はいました。
でも、高校を出てからは施設も出たので本当に人生旅立ちです。
たぶん。
あの頃は必死でした。
生きて行くことに。病気とかしたらどうしよう…
誰にも気づかれないんじゃないだろうかと漠然とした不安と闘っていました。
若かった事もあって大きな病気にはなりませんでした。
初めての就職はなんだか嬉しかったです。
自分の力で生きているんだ。となぜか胸を張って言えるのが嬉しかった。
母から捨てられて、
いい思い出も無かったけど、
こうやってここまで生きてこれてよかった。
はっきり言って給料はかなり少なかったです…
毎月少しずつ貯金しようと漠然と考えていました。
でも、思いも寄らないところでお金が飛んでいきました…
お金もなかったけど、NHKのお金はしっかり払っていました。
そんな生活が1年したくらいで…
働いていた工場が潰れました。
理由は資金繰りの悪化みたいです。
サービス残業とかはとにかく多かったです。
うちの会社やばいと先輩が言っていましたが、
本当にヤバいとはあの頃の私は思っていませんでした…

次回は初めての無職の話をしていきます。

-過去
-, , ,

Copyright© あきのどん底奮闘ブログ , 2021 All Rights Reserved.