過去

過去のお話ー幼少期

更新日:

みなさん、初めましてあきです。
私の人生の話をしていきたいと思います。
過去のお話から少しずつしていければいいなと思います。
私は少し変わった人生を送ってきたのかもしれません。
これから少しずつ話していけたらいいなのかなと思います。

私には父親はいません。正確には知りません。
私が母親から教えてもらった父のことはほとんどありません。
だからどこで何をしていて、いくつくらいなのかも見当もつきません。今になって父親のことを知りたいとは思いませんが、
まだ小さかった頃の私にとって、どうして父がいないのか気になって仕方ありませんでした。

今でいうシングルマザーだった私の家庭。
裕福どころか、ドがつくほどの貧乏な家でした。
母は夜の仕事をしていました。
それでも記憶にある私の中の家庭は貧乏しか残っていません。
母の愛をあまり知りません。
母といた時間は…。私のことを愛してくれていなかったからだと思いますが、過酷な環境で私を育ててくれていたので、母に対して恨みとかはありません。

私は10歳になる頃に人生の転機を迎えることになります。
その転機を境に私の人生は普通は全くかけ離れた孤独な人生を生きていくことになります。

-過去
-,

Copyright© あきのどん底奮闘ブログ , 2021 All Rights Reserved.